30分で世界一周する方法「淡路ワールドパークONOKORO(2)ミニチュアワールド」【兵庫】

淡路ワールドパークONOKORO・ミニチュアワールド
世界一周が夢──なんて方も多いでしょうが、兵庫県淡路島の淡路ワールドパークONOKORO内にあるミニチュアワールドでは、なんとたった30分で世界一周旅行ができてしまうんですよ。

家族連れで賑わうエリアをすっとばしてミニチュアワールドへ

淡路ワールドパークONOKORO・ミニチュアワールド
淡路島一のレジャーパーク・淡路ワールドパークONOKORO。観覧車にメリーゴーラウンド、野外ステージ、屋台──と子供が大好きなモノが揃っていることもあって園内は家族連れでいっぱい。でも私が兼高かおる旅の資料館の後に向かったのはアトラクションエリアの先にあるミニチュアワールドです。

旅の大・大・大先輩に学べ!「淡路ワールドパークONOKORO(1)兼高かおる旅の資料館」【兵庫】
『兼高かおる世界の旅』という番組を知っていますか? 1959年から1990年までの約30年間、TBS系列で日曜に放映されていた旅番組です。今回は兼高かおる旅の資料館をご紹介します。

有名建築物を25分の1サイズのミニチュアで再現

淡路ワールドパークONOKORO・ミニチュアワールド
ミニチュアワールドは世界各国の代表的な建築物を25分の1サイズの模型で再現したエリアです。テレビや写真集、ガイドブックなどで見たことがあるような有名な建築物が点在しています。道順に沿ってぐるりと30分ほど散歩すれば世界一周ができてしまうんですよ。

ノートルダム大聖堂(1163~1250年建設)

淡路ワールドパークONOKORO・ミニチュアワールド
フランスはパリのノートルダム大聖堂(1163~1250年建設)。2019年04月15日の大規模火災で焼け落ち、世界各国が悲しみに沈みました。ゴシック様式の最高峰といわれる建物がなくなってしまうだなんて誰が予想したでしょうか。入口上部にあるステンドグラス「ばら窓」もミニチュアワールドの方は健在です。

万里の長城(B.C3世紀頃建設)

淡路ワールドパークONOKORO・ミニチュアワールド
真の始皇帝が騎馬民族の侵入を防ぐために築いたと言われる中国の万里の長城(B.C3世紀頃建設)。大きさ1〜2センチぐらいのミニミニ観光客が眺めを楽しんでいます。実際の万里の長城も山の中にあるので、写真だけ見ると本物に見えなくもありません。

お城づくしの旅

淡路ワールドパークONOKORO・ミニチュアワールド
写真左上から右回りに、イギリス・バッキンガム宮殿、スイスのシヨン城、スペインのセゴビア城、ドイツのノイバンシュタイン城。どれもフォトジェニックでビューティフォー。本場のお城は観光客でごったがえしているでしょうが、淡路ワールドパークのお城はガイドブックや絵葉書のような美しい写真を撮るのも簡単。

聖バシリー寺院(1555~1560年建設)

淡路ワールドパークONOKORO・ミニチュアワールド
ロシアのモスクワにある聖バシリー寺院(1555~1560年建設)。正式名称はボクロフスキー大聖堂。まるでおとぎ話に出てくるような可愛らしいお城ですね。イワン4世により作られた石造建築でヴィザンチン、イタリア・ルネッサンス、イスラムなどの様式を取り入れています。ねぎぼうずのような屋根は17世紀になって改築されたんですって。

タージ・マハル(1631~1653年建設)

淡路ワールドパークONOKORO・ミニチュアワールド
インドのタージ・マハル(1631~1653年建設)。王妃の死を悼んで22年もの歳月をかけて建設された巨大なお墓。本物は城大理石でできています。ドームを中心に左右対称に塔が配置されていて、数学的にもとても美しい建築物です。巨大観覧車が見切れてるところがなんともミスマッチで面白い。

ギリシャを旅行中です!的自撮り写真

淡路ワールドパークONOKORO・ミニチュアワールド
ミニチュアワールドでのオススメの楽しみ方は「自撮り」です。上手いアングルで撮影すると、まるでその国に行ったかのような記念撮影ができますよ。

こんにちはー。私は今ギリシャ・アテネのアクロポリスに来ています! アテナ・ニケ神殿やパルテノン神殿を見学してるんですよ……なんてね。

ピサの斜塔で撮るトリック写真

淡路ワールドパークONOKORO・ミニチュアワールド
イタリアのピサの斜塔の周りでは、こんなトリック撮影をしている観光客がわんさかいますが、淡路島のミニチュアワールド版ピサの斜塔でもぜひやってみてくださいね。指一本で支えるもよし、両足でがっしり踏ん張るもよし。お好きなポーズでどうぞ。

ミニチュア感を強調した写真もオススメ

淡路ワールドパークONOKORO・ミニチュアワールド
イラン・イスファハーンのマスジット・イ・シャー(1612~1638年)の前で。モスクは完全左右対称の形をしており、メッカの方向を向いて建てなければならないため、広場に対して45度の角度がついています。こんなふうに側に立って、ミニチュアだと分かる写真もおすすめです。

ほぼ実物大のメキシコ巨石人頭像

淡路ワールドパークONOKORO・ミニチュアワールド
こちらは25分の1ではなく7分の6の縮尺の、メキシコの巨石人頭像。メソアメリカ最古の文明といわれるオルメカ文明の石像です。実物の高さは2.1メートルですがこちらは1.8メートルほど。でも実物を見た人は少ないだろうから、写真だけ見ると本物っぽいですね。

駆け足世界一周をどうぞ楽しんでくださいな

淡路ワールドパークONOKORO・ミニチュアワールド
とまあ、30分の駆け足世界一周旅行を楽しみましたよ。緑が多くて清々しい散歩となりました。あなたも有名建築物と一緒にぜひたくさん写真撮影をしてみてくださいね。(2018年05月05日訪問)【麻理】

参考文献

地図&情報

淡路ワールドパークONOKORO・ミニチュアワールド(あわじわーるどぱーくおのころ みにちゅあわーるど)

住所 :兵庫県淡路市塩田新島8-5
電話 :0799-62-1192
休業日:年中無休
時間 :3月~9月 9:30(平日は10:00)~17:30 夏休み期間中は、9:30~18:00
10月~2月 9:30(平日は10:00)~17:00
入場料:大人1200円(乗り物料金は別)
駐車場:無料(1000台)
関連URL:★休日は淡路島へ!淡路島の観光-★淡路ワールドパークONOKORO【公式HP】淡路島 観光