男根・女陰

京都

現代人には理解不能すぎるおかめ伝説「千本釈迦堂・大報恩寺」【京都】

ふっくらほっぺにぺちゃんこ鼻。京都上京区の千本釈迦堂はおかめ伝説の発祥のお寺です。この地に伝わるおかめの伝説と、ちょっぴりエロなおかめコレクションをご紹介しましょう。
愛知

ご神体は巨大な男根型みこし「田縣神社(たがたじんじゃ)豊年祭」【愛知】

大縣神社豊年祭が女性のお祭りとするなら、田縣神社の豊年祭は男性のお祭り。通称へのこまつり、ちんこ祭りと呼ばれています。文字通り、巨大な男根を模した御輿で知られる奇祭です。
愛知

女性のシンボルがモチーフ「大縣神社(おおあがたじんじゃ)豊年祭」【愛知】

毎年3月に行われる愛知県犬山市の大縣神社豊年祭は、女性のシンボル・女性器モチーフとする御輿や行列で知られる不思議なお祭りです。別名・おそそまつり、まんこ祭りとも呼ばれます。
静岡

さすってまたいで参拝! トイレと下半身の神様「明徳寺」【静岡】

シモのお世話にはなりたくない、下半身にはいつまでも元気でいてほしいと願うもの。そんなときにお参りしたいのが静岡県伊豆の明徳寺。ここはトイレの神様を奉ってあるんですよ。
愛知

(閉鎖)300mの洞窟に仏様てんこ盛り「延命山大洞窟めぐり」【愛知】

愛知県の延命山・大洞窟十界めぐりは300メートルの人工洞窟にありとあらゆる仏像・神像がぎっしり。男根系道祖神も地面からにょきにょき生えています。惜しまれつつ2015年に閉鎖。※この記事は閉鎖前のレポートです。
愛知

うず高く積まれた木刀の山と血の池「野間大坊」【愛知】

愛知県の野間大坊の中には木刀が山のように積まれた御廟があります。源義朝が入浴中に襲われた時裸であったために「木刀の一本でもあれば死ななかった」と絶命したことに由来します。