ゾウ大好き園長の素敵なゾウコレクション「恵那象園」【岐阜】

恵那象園
岐阜県恵那市の恵那象園は園長の今井慶彦氏による私設のゾウテーマパーク。2軒のプレハブ小屋とイラストが描かれた壁画があるハンドメイドスポットです。ゾウの花子ちゃんもいますよ。

ようこそ! 恵那象園

恵那象園
岐阜県恵那峡は木曽川のダム湖によって作られた峡谷。68号線を走っておりますと、不思議な看板が目に入ってきました。手描きのゾウのイラストとともに「ようこそ! 恵那象園」の文字。

500点以上のゾウグッズ

恵那象園
今井氏は中津川市の中津高校に勤めるかたわら、あらゆるゾウグッズをコツコツ収集。そのきっかけは1970年の大阪万博で手に入れたゾウの置物だったそうです。ゾウの大きさ、親子愛、賢さに憧れて、集めに集めたコレクションが500点以上。空手家の大山倍達が所有していた1m以上の木彫りのゾウまで持っているそうですよ。

マスコットキャラクタ恵那花子

恵那象園
象園のマスコットがこちら。恵那花子ちゃんと名付けられた小ぶりのゾウが、プレハブ小屋の中にたたずんでいます。さすが35年以上の筋金入りのゾウマニア。レプリカだけどよくできていますね。道路から遠目に見ると一瞬ホンモノかと思ってしまうほど。

近くで見てもよくできている

恵那象園
昔は動いたそうなのですが、風雨にさらされて壊れてしまったのでしょうか。栗色の瞳が可愛らしいです。こんなでっかいものまで集めてしまうとは。今井さんの情熱がひしひしと伝わってきます。

カラフルな象の壁画

恵那象園
プレハブの右手にはカラフルな壁画が置かれています。「M.Kensuke」とサインが入っているので今井さんご自身が描いたのではないようですが、ゾウへの愛が溢れているような力作ですよ。実にファンキー!

ポップで明るい色彩に心弾む

恵那象園
先頭のゾウには園長の今井さんが乗っています。ゾウの口もほころんで満面の笑顔。辺り一面に色とりどりの花が咲き乱れ、ゾウの鼻から虹まで吹き出しています。ポップで可愛いイラストですね。

あらゆるゾウグッズが所狭しと

恵那象園
私が訪れたのは日曜だったので今井さんがいらっしゃるかなと思っていたのですが、残念ながらお会いすること叶わず。仕方がないので窓からプレハブの中を覗いてみることにしました。ゾウの置物、マグカップ、彫刻、マスコット、ネクタイ……などなどゾウグッズが丁寧に並べられています。

今後も増えていくのかな

恵那象園
プレハブの外にもゾウの置物が展示されています。恵那象園のオープンは2003年09月なので、これからさきもどんどんコレクションは増えていってるのかもしれませんね。

心がなごむ癒し系スポット

恵那象園
棚にここを訪れた方々が書き込んだノートが置かれていました。小学生かな、可愛らしいイラストつきで感想を書き込んでいる子も。山深い恵那の自然だけでなく、ゾウへの愛溢れるスポットでなごんだ一時でした。(2007年08月26日訪問)【麻理】

参考文献

地図&情報

恵那象園(えなぞうえん)

住所 :岐阜県恵那市長島町久須見866-1
電話 :0573-27-3351
時間 :10:00~17:00
営業日:土日のみ公開(事前予約必要)
入園料:無料
駐車場:無料
関連URL:‎恵那象園