一覧

戦艦大和の最期に涙する「大和ミュージアム・呉市海事歴史科学館」【広島】

全長26.3m! 大迫力の戦艦「大和」の10分の1模型です。広島県呉市の大和ミュージアムは大和をはじめ、零式艦上戦闘機、回天などの実物資料を見ながら呉と戦争の歴史を学べます。

巨大な潜水艦が街中に出現!「てつのくじら館(海上自衛隊呉資料館)」【広島】

街中に突如巨大な潜水艦が出現! ここは広島県呉市の海上自衛隊呉資料館。通称:てつのくじら館。長さ76.2mの本物の潜水艦・あきしおです。潜水艦の中に入ることもできるんですよ。

世にも美しいポンプ室「九条山浄水場ポンプ室とインクライン」【京都】

琵琶湖から京都東山に流れる人口水路・琵琶湖疏水は明治時代に京都を発展させた一大プロジェクトでした。琵琶湖疏水計画を成功に導いた田辺朔郎博士と、九条山浄水場ポンプ室について。

クジラとイカと心霊スポット「マリンパル呼子と七ツ釜」【佐賀】

佐賀県の呼子はかつて捕鯨の町としても知られていました。マリンパル呼子が運営するクジラ型のジーラ、イカ型のイカ丸は玄海国定公園をめぐる遊覧船。怖いスポットにも立ち寄りますよ。

亀の頭にご注目! レトロ&キッチュな遊覧船「猪苗代湖」【福島】

福島県の真ん中にある湖・猪苗代湖。日本で4番目に大きな湖です。湖畔にオートキャンプ場もあり、シーズンには観光客で賑わいます。冬の猪苗代湖遊覧船(磐梯観光船)をレポート。

アットホームなステキ博物館「与那国民俗資料館」【与那国島】

沖縄県与那国島で必見のスポット、それは与那国民俗資料館です。館長の池間苗(いけま なえ)さんは、1919年生まれ。与那国島の生き字引で、島のことなら何でもご存知なんですよ。

時代が早すぎた……天才的な加賀の豪商「銭屋五兵衛記念館」【石川】

江戸時代後期の加賀。「海の百万石」と呼ばれた、天才的な豪商がいました。彼の名は銭屋五兵衛(ぜにやごへえ)、通称・銭五。全資産は300万両(約100億円)とも言われました。

(閉鎖)176億円かけたのに大赤字「なにわの海の時空館」【大阪】

大阪湾に浮かぶ巨大な半球は住之江区のなにわの海の時空館です。総工費176億円もかけたのに、お金の使い方が間違っている気がする哀しいスポット。予想通り2013年03月に閉館。※この記事は閉鎖前のレポートです。

南極調査団を超リアルマネキンで再現「南極観測船ふじ」【愛知】

南極観測船ふじは1965〜1983に活躍した砕氷艦。今は愛知の名古屋港にて博物館として第二の人生を歩み中です。調査団の様子を不必要なまでにリアルなマネキンで再現しています。

豪華遊覧船で鳥羽湾巡り&民俗学的浦島太郎「遊覧船龍宮城」【三重】

三重県の鳥羽湾めぐりをド派手な遊覧船・龍宮城で満喫。浦島太郎の民話の真の意味とは? 浦島伝説の民族学的考察について、伝承文学研究で有名な三浦佑之先生の説をご紹介します。